【特別企画】ステイホーム、健康かつ平穏に乗り越える3つの助言

2020年4月27日


新型コロナウイルスの感染が拡大する中、不慣れなテレワークや外出自粛を強いられ、心身の疲れを感じている人も少なくない。「ステイホーム期間」を健康かつ快適に乗り切るうえで参考になる記事を、shiRUto過去記事からピックアップしたのでぜひ活用していただきたい。

『高齢者が陥る「フレイル」の予防を40歳から始めるべき理由とは?』
外出自粛のあおりで運動不足に陥っている人は多い。「少し体重が増えたくらいだしまだ若いから大丈夫」と楽観したくなるが、スポーツ健康科学の専門家は「誰でも40歳ころから筋力が衰え始める。高齢期のフレイル(虚弱)予防は中年期から必要」と運動の大切さを強調する。自分がフレイル予備群かどうか、家で簡単に確かめる方法とは?

『「血糖値は大丈夫」な人も要注意。“血糖値スパイク”のリスクと対処法』
外食の機会がなくなり自宅で食事を済ませるとなると、ついカップ麺や冷凍食品に頼ってしまいがちになる。しかしこういった商品は糖質を過剰に含むことも。
糖尿病の研究者によれば、普段の血糖値が問題ない人でも食後の血糖値の急上昇(=血糖値スパイク)を慢性的に起こし、糖尿病や心筋梗塞のリスクを高めている可能性があるという。特に男性は、5人に1人が高リスクという調査結果も存在するほどだ。
血糖値スパイクを防止する3つの対処法を聞いた。

『夫婦の関係性が変わるとき 配偶者への思い6類型から探る夫婦コミュニケーション』
家族や同居人と一緒に過ごす時間も増える中で「コロナ離婚」という言葉が生まれてしまうなど、新型コロナウイルスは夫婦の関係にさえ影響し始めている。家族心理学者が分類した「夫婦同士の配偶者に対する思い」6タイプはどのようなものか?
このステイホーム期間を好機と捉え、配偶者やパートナーの気持ちを俯瞰してみたい。

shiRUto 編集部

教育・研究から得られる知の数々が私たちや社会とどう関わっているのかを、ビジネス、テクノロジー、グローバル、ライフ、スポーツ、カルチャーの6つの視点で取り上げています。世界を、日々の生活をよりよくする、明日のビジネスを考える、新たなイノベーションを起こす、そんなきっかけを生み出すメディアとなることを目指しています。

関連キーワードで検索