“着物は斜陽産業”は時代錯誤 「すたれゆく伝統産業」を「高付加価値ビジネス」に変えた京都着物業界の挑戦

2018年10月30日


“着物は斜陽産業”とされて久しい。多くの人はその理由を、着物が若い世代のライフスタイルに合わず、かつニーズとかけ離れた高級・高額化によって「着物離れ」が起きたためだと分析する。しかし、それは誤解だ。たしかに京都では、1970年代まで生産数量は大幅に減少した。だがそれ以降は、生産数量減に反して出荷金額は右肩上がりに増加、高付加価値化に成功した。「すたれゆく伝統産業」を「あらたな高付加価値ビジネス」に。劇的な産業構造転換を果たした京都・着物業界のこの経営手腕は、高く評価されるべきである。と同時に、そこには「地方創生」へのヒントも凝縮されている。マーケティング研究の観点から、そのカギをひも解く。

関連キーワードで検索