AIはビジネスパートナーか、それとも。ディープラーニングがもつ“可能性と有限性”

2018年10月30日


「今の仕事の多くはAIに取って代わられ、失業者が増える…」。そんなニュースや記事をよく目にする。何しろ相手は“記憶の天才”。寸分の誤りもなく覚えることにおいては、曖昧な人間の脳では太刀打ちできない。しかし、AIも最初からすべてを覚えているわけではない。彼らも人間同様に「学習(ディープラーニング)」してその精度を高めていく。そこでどのような学習方法をとっているのか。また、AIの得手不得手はどこにあるのだろうか。そのメカニズムの再認識を通じて、「AIとヒトの共生社会」の青写真が見えてくる。

関連キーワードで検索