子供たちと食の架け橋になりたい 「子どもキッチン」に活きる大学の学び

2019年8月26日


地域の子供に無料または安価で食事を提供する「こども食堂」という取り組みは2012年ごろから各地で始まり、いまでは全国2千を超える拠点で行われているという。「子供の食をサポートする」という社会課題は、社会で確実に認識されてきている。
そんな中、地元のこども食堂が十分に活動できない現実に危機感を覚えたある大学生――「食」を専攻する彼女が始めたのは、“子どもキッチン”という試みだった。

関連キーワードで検索