佐賀弁は標準語よりも「時間に敏感」? 方言のダイナミクスを文法で読み解く

2019年12月10日


佐賀弁の「がばい(とても)」や東北弁の「〜だべ」など、方言というと単語や語尾の特徴がフォーカスされがちだ。しかし方言によっては、助動詞などの“文法”に着目すると、『時間感覚』や『意思性』における標準語との違いが見えてきて興味深いという。
2人の日本語学者が見出した、方言のダイナミクスとは――。

関連キーワードで検索