あの「リチウムイオン電池」を長持ちさせる方法! ただし実用にはハードルあり?

2019年12月6日


2019年のノーベル賞では、旭化成の吉野彰博士が化学賞を受賞し話題となった。受賞理由は「リチウムイオン電池」開発への貢献だ。この電池は、スマートフォンから電気自動車まで幅広く使用され、もはや現代のインフラといっても過言ではない。より長持ちさせる方法を見つけられれば、大きな社会貢献になることは確実だ。
ある研究室では、リチウムイオン電池を長持ちさせる、とても“単純な”方法を発見したそうだが……。

関連キーワードで検索