グローバリゼーションの時代だからこそ学び直したい ドメスティックな文化と歴史

2018年11月16日


都林泉名勝図会『四条河原』(国際日本文化研究センター所蔵)

ビジネスパーソンを語る時、「世界標準」を身に着ける重要性が叫ばれて久しい。一部企業では、多国籍化の波に合わせ英語が社内公用語化されるなど、さまざまな取組みが進められていることはご存じのとおり。円滑なコミュニケーションのためには、言うまでもなく「異文化理解」が必要不可欠だ。

一方で、世界で活躍する“グローバル人材”の多くが「日本の歴史や文化的背景への深い理解が必要だ」と、一様に語っている。自国文化への理解を考えたとき、単に歴史教科書を理解していることが重要なのではない。むしろ、いま我々が身を置く「身近な世界」がどのような歴史の上に立っているのかという、“ドメスティックな視点”こそが重要になる。

都市研究を専門とする立命館大学文学部の加藤政洋教授の研究からは、古都・京都に連綿と続いてきた風俗文化の変遷の中に、現代に続く連続性と変化のポイントを見ることができる。「伝統といわれるものは、継承された部分と革新部分が両輪を成しています。いわば新しさが加わるからこそ時代に飲まれず続いていくのです」と語る加藤教授。
その“革新”の本質をつかむことが、未来を志向するビジネスにおいて大きなヒントとなるはずだ。

コスプレやハロウィンの原点は芸妓にあり!?

仮装した芸妓が遊郭を練り歩く『ねりもの』の様子

加藤教授はある日、大量の35mmフィルムを古書店で見つけた。
フィルムに写されていたのは昭和30年代の京都。祇園の芸妓が遊郭の内外を練り歩く『ねりもの』行事だった。

「江戸時代中期に始まったこの行事は当初、芸妓が風流を尽くした装いで社へ詣でる祭礼でしたが、明治期に入ると現代の“コスプレ”のように仮装した芸妓が練り歩く、エンターテインメント性を帯びた催しに発展しました。さらに1936(昭和11)年には従来の形態を大きく逸脱。風俗史研究家・吉川観方の時代考証のもと1月から12月まで月ごとにテーマを設定し、それに即した人物に扮した芸妓や舞妓が練り歩く趣向が取り入れられました。『五条橋の月(牛若丸)』『仲之町の花雲(助六)』『猿若町の寒牡丹(暫)』など、物語から出てきたような装いの芸妓が町を練り歩く非日常な光景は、当時の人にはまさにスペクタクルだったでしょう」

左から『五条橋の月(牛若丸)』『仲之町の花雲(助六)』『猿若町の寒牡丹(暫)』

現代では「ねりもの」の歴史は途絶えてしまっているが、好きな物語や芸能文化の登場人物の外見を真似るという振舞いは、昨今のコスプレの流行や、ハロウィンイベントの盛り上がりにも通じる。つい最近の若者文化特有の現象に考えてしまいがちだが、実は長い間日本人に根付いたものだったことは非常に興味深い。

京都・鴨川の風物詩「納涼床」に見る“空間文化の貧困化”とは

もうひとつ、加藤教授の研究から京都・鴨川の「納涼床」を紹介しよう。納涼床は、5月上旬から9月末頃までの間、鴨川に面した料理店や茶屋が川のよく見える場所にテラス的な座敷を作り、食事を楽しむことができる夏の京都の風物詩だ。外国人からも人気が高く、現代も多くの人で賑わいを見せる。

都林泉名勝図会『四条河原』(国際日本文化研究センター所蔵)

「この絵は寛政年間(1789-1801)の鴨川の様子を描いた『四条河原』という絵図です。今はない鴨川の中州に立つ軽業師一座の興行小屋、出店で買ったスイカを食べる男、腕まくりして喧嘩をする男たちなどが生き生きと描かれています。江戸時代の鴨川納涼が、庶民に開かれた豊かな歓楽の場であったことが見て取れます」

時代が明治から大正へと変わる頃、河原や中州での納涼は一度姿を消したものの、昭和初期になると現在のように店舗から張りだした納涼台へと姿を変えた。文化が消失し、再び現れるタイミングで「床」は川辺から少し遠ざかることになった。加藤教授は、それと同時に「庶民性が弱まり、空間文化が貧困化した」と見る。

形を変えて存続した伝統文化だが、そこには「すでに消えてなくなってしまった要素」がある。そのような“消失”の存在を、私たちは日頃から意識できているだろうか。

「継承と革新」を捉える視点がグローバル時代の武器になる

かつて隆盛した「ねりもの」が持つ普遍的に人々を引きつける力。
少しずつ形を変えながら現代に残る「納涼床」の根源にある愉しみ。

「継承された部分と革新部分が伝統の両輪」であるならば、未来において“伝統”となるトレンドを生み出すためには、歴史的な視点で「継承と革新」を察知することが求められる。
新しい知識や最新情報をキャッチアップするだけでは、「新しいことをよく知っているだけの人」になりかねない。先の見えないグローバル化が進行し既存の枠組みが流動化を続ける現代において、自らの拠って立つ文化を深く見つめる視点が、より一層重要になるだろう。

shiRUto 編集部

教育・研究から得られる知の数々が私たちや社会とどう関わっているのかを、ビジネス、テクノロジー、グローバル、ライフ、スポーツ、カルチャーの6つの視点で取り上げています。世界を、日々の生活をよりよくする、明日のビジネスを考える、新たなイノベーションを起こす、そんなきっかけを生み出すメディアとなることを目指しています。

関連キーワードで検索