「空撮・輸送」に続いて危険な「高所作業」もドローンがこなす未来は近い

2019年3月11日


TV番組や映画でドローンの空撮映像が使われることはすっかり当たり前になった。かつてAmazonが発表した「ドローン配送」も技術的にはすでに実現可能だという。

そして今、ドローンの新たな用途として注目を集めるのが「高所作業」だ。電線に絡んだひもを取り除く、鉄塔を修理するなどの危険な作業をドローンが行うための研究が大学や企業で進められている。

関連キーワードで検索