“ソフトタッチ”で医療の未来にメスを入れる 「マイクロハンド」が秘める可能性

2018年11月21日


「人生100年時代」とも謳われる超高齢社会において、医療・ライフサイエンス分野での技術革新は、今後ますます重要度を増していくことが予想される。中でも、医療用ロボットの進化には業界の大きな期待が寄せられているという。極めて繊細な作業が求められる医療現場での治療作業は、人の手が欠かせない聖域であったが、近年のロボティクス研究は、人力に勝るとも劣らない“ソフトタッチ”を実現している。最新の研究動向をもとに、近い将来の活用可能性を考える。

関連キーワードで検索