食の都・パリから多分野に広がる「武器としてのフードマネジメント」

2018年12月4日


我々にとって欠かすことのできない「食」。その定義はいま、極めて広範なものとして認識されている。
食の都・パリで発祥した料理学校『ル・コルドン・ブルー』。世界20カ国に30校以上を構え年間およそ2万人の生徒を擁するそのカリキュラムは、料理スキルの教育に留まらず屋上菜園から経営・マーケティング学、すなわち川上から川下まで及ぶ。食を正しく理解することはもはや料理人だけにとっての専門科目ではなく、あらゆる産業に従事する人の「一般教養」として存在しうることを、世界最高峰の料理教育は示唆している。

関連キーワードで検索